過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼する時に知っておきたいこと

過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼する時に知っておきたいこと

過払い金請求を弁護士や司法書士に相談すべきかどうか、相談するとしてもどちらを選べばいいのか迷うことがあるのではないでしょうか。 さらに依頼するとなるともちろん、依頼先の事務所選びも重要になってきます。

そして具体的に専門家に依頼をすると、どれ位の費用がかかるのかも気になるポイントです。 これらの情報や信頼できる事務所選びを行うための、5つのポイントについてもまとめました。

過払い金に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

\おすすめです/

過払い金や借金でお悩みの方は過払い金の回収金額No1の杉山事務所がおススメです。

過払い金がいくらあるのか無料で調査可能で、無料の出張面談もおこなっています。過払い金の調査のみの利用もOKです。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼することで得られるメリット

もしも消費者金融などからお金を借りていて、返済をした過去がある場合は、過払い金請求をすることによって、支払い過ぎていた借金の返済部分の利息分を取り戻すことができるかもしれません。

この過払い請求ができるかどうかは、自分でも調べることはできますが、弁護士あるいは司法書士に相談することによって調べてもらうことができます。 お金の返還が可能であると判断できれば、引き続き弁護士や司法書士に請求手続きを依頼することによって、法的な請求手続きをほとんど任せることができます。

過払い金請求をするにあたっては、消費者金融などに対してこれまでの取引履歴の開示請求をしたり、場合によっては消費者金融と交渉をしたりする必要が出てきますが、そういった手続きや交渉などを自分に代わって行ってくれます。

特に交渉においては、相手はプロなのでこちらも交渉のプロである弁護士や司法書士に依頼した方が交渉もスムーズにいくと考えられます。

\おすすめです/

過払い金や借金でお悩みの方は過払い金の回収金額No1の杉山事務所がおススメです。

過払い金がいくらあるのか無料で調査可能で、無料の出張面談もおこなっています。過払い金の調査のみの利用もOKです。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

弁護士や司法書士に依頼した際の費用

弁護士や司法書士に依頼する時のデメリットは費用がかかること

過払い金請求をするなら自分でも行うことが出来ますが、弁護士や司法書士といった専門家に依頼すると、複雑な手続きを全て任せることができることと、自分で行うよりもより良い条件で過払い金が戻ってくる可能性が高いということです。 しかしデメリットとしては、費用面が大きいです。

例えば、相談料・着手金・タイムチャージ・成功報酬・減額報酬など様々なものがあります。 この費用はそれぞれ相場というものがありますが、事務所ごとに差があるので専門家の依頼を検討している場合には、事務所に直接確認することをオススメします。

そして、費用の計算は過払い金請求が成功した場合と成功しなかった場合だけでなく、裁判まで持ち込んだケース、和解になった場合などのケースによって考えることが大切です。

着手金

過払い金請求を専門家に依頼した場合には、「着手金」というものが発生します。 この費用はケースの結果が成功・不成功であるかに関わらず、依頼者から委任した時点で発生する報酬のことです。

そして、不成功に終わったとしても返還されないのが普通です。 弁護士や司法書士の受け持つケースは、多くの場合が半年から数年と長期間に渡ることが多いです。

ケースが解決するまでは報酬を受けることが出来ないので、この間の活動の費用が必要になります。

なお、着手金は手付金とは異なります。 手付金とは、不動産の売買で支払う金銭のことを指します。

着手金は弁護士に払う費用のことで、上限などはありませんが1件につき2万円から3万円ほどが相場といわれています。

報酬金

過払い金請求で、過払い金が返還されると「報酬金」という形で弁護士に支払う費用が存在します。

この報酬金の中にはいくつかあり、1つは「解決報酬金」です。 これは上限が決められていて金融業者1社あたり2万円以下であると定められています。

2つめは「減額報酬金」です。 実際に払うことになった借金と業者の提示した借金額の差額分から計算される費用のことです。 この場合の上限は減額分の10%以下であると決まっています。

3つめは、「過払金報酬」で、回収した過払い金額から算定されます。 過払い金請求において訴訟に至らずに解決したとき、回収額の20%以下、訴訟にまでいたった場合には25%以下であると定められています。

なおこの費用は、ケースが成功しなければ発生しない費用です。

実費

弁護士や司法書士に過払い金請求の依頼をするときにかかる費用は、着手金と成功報酬と過払い金報酬が主です。 その他に実費として、交通費や事務手数料などかかることがあります。

実費は事務所によって異なりますので、契約段階で必ず確認するようにしましょう。

\おすすめです/

過払い金や借金でお悩みの方は過払い金の回収金額No1の杉山事務所がおススメです。

過払い金がいくらあるのか無料で調査可能で、無料の出張面談もおこなっています。過払い金の調査のみの利用もOKです。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

弁護士と司法書士のどちらを選べば良いのか

弁護士と司法書士の違い

過払い金がある場合には、自力で消費者金融に対して請求することが可能になりますが、法律に関して素人であれば、弁護士や司法書士を立てたほうが良いでしょう。 過払い金請求では司法書士にも依頼することができますが、弁護士との違いは請求金額の違いになります。

司法書士に依頼する場合は、扱う過払い金の金額が140万円以下の時だけです。 それ以上の過払い金の場合は請求をすることはできません。 140万円を超える場合は、弁護士にしか依頼できないのが大きな違いになります。

裁判所に起訴する場合も、弁護士と司法書士では違いがあります。 弁護士は地方裁判所と家庭裁判所の両方に訴訟を提起することはできますが、司法書士は地方裁判所に訴訟を提起することはできません。

訴訟を提起する場合、相手方は地方裁判所に提起されることを嫌がります。 なぜなら、弁護士を立てなければならないからです。地方裁判所で訴訟を提起すると、相手方は金銭面の負担を減らすため、和解を希望することが多くなります。

この点、家庭裁判所の場合には平社員でも訴訟に出ることができますので、消費者金融の負担は少なくなります。

弁護士に依頼するメリット

過払い金請求をする場面では専門家にお願いをすることが出来ますが、この時には弁護士にお願いをすることも可能です。 一方で、司法書士にお願いをすることも可能です。

両者の違いは権限の違いでもあります。 過払い金請求をする場合は実際に利息計算の引き直しをする必要がありますが、この時もし過払い金が140万円未満であれば、弁護士にも司法書士にも依頼することが可能になります。

ところが140万円を超えてしまった場合には、司法書士に依頼することができなくなってしまいます。 そういう意味では金額が確実に140万円を超える場合であれば弁護士しか選択をすることができませんし、140万円を超えるかどうか微妙な時も弁護士に依頼した方が良いことになります。

司法書士に依頼するメリット

司法書士に過払い金請求を依頼することができるのは140万円以下の請求の時だけです。 このように考えると、弁護士に依頼するよりも権限が非常に狭いのが特徴です。

ですが、裏を返せば、司法書士は権限が狭い分、専門性に特化している可能性が高いことがメリットの一つです。

司法書士を選ぶ場合のもう一つのメリットは料金が安いことです。 もちろん事務所によってもその料金は異なりますが、おおむね弁護士に比べると料金が安く設定されているのが特徴です。

例えば弁護士であれば1件ごとに着手金が増えていくことがありますが、司法書士の場合は何件依頼しても着手金は変わらないことがあります。 140万円未満の過払い金の場合で、少しでも安く過払い金請求をしたいのであれば司法書士を選んでみてもよいでしょう。

\おすすめです/

過払い金や借金でお悩みの方は過払い金の回収金額No1の杉山事務所がおススメです。

過払い金がいくらあるのか無料で調査可能で、無料の出張面談もおこなっています。過払い金の調査のみの利用もOKです。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

専門家選びは取り戻すせる過払い金額を見ることが重要

過払い金が発生していて過払い金請求をする場合は、弁護士や司法書士に依頼する人も多くいます。

ですが、弁護士や司法書士に依頼をすると着手金や基本報酬、そして成功報酬などをとられてしまうためお金がかかってしまいます。 そのため自分で過払い金を請求しようとする人も少なくありません。

確かに、過払い金請求をするときはお金が戻ってくるはずなのに、弁護士や司法書士に支払うお金が増えてしまうと過払い金を請求した意味はあまりなくなってしまいます。

ただ、弁護士や司法書士を利用した時の方がはるかに多くの過払い金を請求できるとすれば、結果的に得をする可能性があります。 そこで、弁護士や司法書士などの法律の専門家と個人で請求した場合にどれくらいの違いがあるか知っておくべきです。

個人で請求をする場合は、和解をする場合であれば5割程度しかお金が戻ってこない可能性があります。 一方、弁護士や司法書士などの法律の専門家を利用した場合には和解で8割ほど、訴訟をして勝つと10割かそれ以上戻ってくる可能性があります。

例えば過払い金が100万円だった場合、個人で請求するとうまくいけば50万円ほど戻ってきます。 一方で弁護士や司法書士に支払う費用は25万円ぐらいになりますが、和解の場合で80万円ぐらい、訴訟すると100万円は戻ってきますので、結果的に弁護士や司法書士を利用した方がお得になります。

\おすすめです/

過払い金や借金でお悩みの方は過払い金の回収金額No1の杉山事務所がおススメです。

過払い金がいくらあるのか無料で調査可能で、無料の出張面談もおこなっています。過払い金の調査のみの利用もOKです。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求時の事務所選びの5つのポイント

信頼できる事務所か見極めることに手を抜かない

過払い金請求を専門家に依頼するなら、信頼性の高さは最重要事項です。 債務整理に慣れている専門家でも、手間を惜しんで依頼者の利益にならない和解をしたり、報酬金を相場以上に請求したりするところがあるからです。

過払い金請求が可能な専門家は弁護士か司法書士になりますが、どちらも一度法律相談という形で事情を説明し、手続きの方針などを打ち合わせ、依頼者のニーズとあっていれば正式に委任契約するという流れになっています。

相談の段階で合わないと感じた時には契約せずに、他の専門家のところで相談をし直すというのも良いでしょう。 過払い金請求に関しては無料で相談を受け付けているところも多いため、手間をかければ信頼できる事務所に巡り合えます。

過払い金請求・債務整理を専門としている事務所か確認する

信頼できる専門家であっても、依頼する手続きについて精通していなければ意味がありません。 過払い金請求や債務整理を得意とする専門家は比較的年齢が若い人が多く、弁護士であっても経験が不足していることがあります。

また、司法書士は簡裁代理権を取得している人しか訴訟をすることができませんので、不動産・商業登記を中心に行っているところでは依頼するのは困難でしょう。 相談の予約を入れる際に、借金に関する相談を受け付けてもらえるか問い合わせてみたり、ホームページなどで対応可能な業務を調べたりしておくと無駄足になることもありません。

知人で実際に手続きを依頼した人がいれば、その人に依頼した時の状況を確認すると確実です。

料金体系や費用の説明がわかりやすいか

実績があって信頼できる専門家が見つかったら、相談の時におおよその費用について確認しておくことをおすすめします。

過払い金請求は依頼者の手出しではなく、過払い金として受け取った現金から報酬を差し引くようになっており、依頼者としては懐が痛まないので料金にあまり疑問を持ちません。 しかし、弁護士や司法書士は独自の報酬規程を作成しており、それに従って費用の説明をする義務があります。

中には予想以上の金額が回収できたとき、本来の報酬に上乗せして請求してくる事務所もありますので、あらかじめ自分でも計算できるように、料金について確認しておくのです。 この時の説明が分かりやすい事務所は、料金の面でもクリーンであると信じられます。

費用が安ければいいわけではない

過払い金請求という手続きは、弁護士や司法書士にとっては他の業務と比べると負担が少なく、報酬の大きいいい仕事です。 そのため、できるだけ仕事を受けようとして安い金額を提示してくることもありますが、受任した仕事が増えると一つ一つの仕事自体はおろそかになる可能性があります。

経験の浅い事務員が実務をこなし、専門家の資格が必要な時だけ弁護士等が対応することもありますが、できれば依頼者の話をしっかり聞いて、少しでも手元に入る金額を増やそうと努力してくれるところに依頼したいものです。

費用が安くても回収額が少なければ意味がありませんので、トータルで自分の手元にどれくらいのお金が入るかを考慮して事務所選びをしましょう。

過払い金請求の訴訟を提案してくれるか

報酬としていくらかかるのか、そこは誰でも注目するはずです。 意外な盲点といえるのは、「訴訟という選択肢を提案してくれるかどうか」です。

過払い金請求は、金融業者との交渉から始まります。 しかし、交渉だけでは過払い金の全額返金に応じる業者はなかなかありません。 裁判になって初めて全額返金に応じる例が多いのです。

しかし、弁護士や司法書士のなかには裁判に至る前の交渉で手続きを終わらせようとする者もいます。 過払い金は全額が自分のものですから、裁判を想定してくれる専門家こそが心強いと考えましょう。

\おすすめです/

過払い金や借金でお悩みの方は過払い金の回収金額No1の杉山事務所がおススメです。

過払い金がいくらあるのか無料で調査可能で、無料の出張面談もおこなっています。過払い金の調査のみの利用もOKです。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

まとめ

過払い金請求をする際には、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼することが得策な場合もあります。 自分で行うこともできますが、想像以上の手間暇がかかることは覚えておきましょう。

過払い金が発生しているか否かを計算するには、取引履歴が必要です。 取引履歴を取り寄せるのも、法律の知識が乏しい一個人がすることは、決して楽なことではありません。

金融業者やクレジットカード会社にとっては、過払い金請求自体を回避したいと考えていますので、取引履歴の開示にも難色を示すこともあります。

一方、弁護士や司法書士などの法律のプロに依頼すれば、取引履歴の取り寄せについても行ってくれます。 過払い金の発生がある場合には、債権者との交渉も任せることができます。

費用はかかっても、プロに任せることを選択肢の一つに加えておくことが大切なポイントです。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守